スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode89 羞恥マッサージ(3)

2017.08.04.11:26

三上さんは私の鼠径部に親指を当て、外へ外へと円を描きながらリンパ液を足先へ向かって循環させるようにマッサージし始めました

彼の手の動きに合わせて私の性器がビキニの中で開閉しています…

ニヤニヤと厭らしい笑みを浮かべた三上さんの顔が、まるで性器を覗き込むかのように私の股間に近付いてきました


「奥さんは本当にスベスベでキメの細かいお肌なんですねぇ…。体毛なんかはご自身で処理されてるんですか?」


三上さんは私の手足の体毛の事を言っているのでしょうか…?

それとも…


「私…もともと体毛が薄いんです…」


私の股間を凝視しながら問いかけてきた三上さんに、私の方も曖昧に答えました


「そうですか、とても綺麗ですよ」

more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode90 羞恥マッサージ(4)

2017.08.30.12:16

乳首が起ってしまっていることは自分でもハッキリとわかります…

三上さんの指先はまるで産まれたての小動物の赤ちゃんの身体でも撫でているかのように、優しく優しく触れてくれました

その動作は途切れる事がなく、オイルで覆われ滑りが良くなった乳首をコロコロと転がしたり摘まんだりしています

もうこれは胸周辺へのマッサージではなく、完全に乳首とその周辺への愛撫に他なりませんでした

胸を覆っていた紙でできた下着がさり気なく上にずらされて、小さくて恥ずかしい胸が露わになってしまいました

露わになった乳首を摘まんだ指がまるでオーディオ機器のボリュームを調整するかのように乳首の側面をクルクルと滑りながら回ります


「うぅっ…」


無意識のうちに私は身体を捩じらせ、見悶えてしまっていました


more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紫

Author:紫
普段は接客業をしており、暇さえあればエッチな妄想をしています
官能小説は書き始めたばかりのヒヨっ子で至らないことだらけですが、宜しくお願い致します。
相互リンクも絶賛募集中です(詐欺サイト等はお断りいたします)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキングに参加してます
応援して頂けると嬉しいです
アンケート
作品向上の為、アンケートにご協力ください
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
このブログで人気のあるお話です
オススメ
草食男子君にオススメです
ブログランキング
人気の官能小説が読めます
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。