【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode-102 煩悩3

2019.05.02.13:16

「アソコというのは…ひょっとして…せ、性器の事ですか?」


池田さんの問いかけに私は答えず、下を向いて小さく頷きました

池田さんの顔がまた厭らしくニヤケてきました


「身体の造りには個人差があります、指紋と一緒で同じものはありませんよ」


「ええ…それはわかっています」


「男性器と違って女性器の場合、自分自身では見えにくいですからねぇ…。もしかして以前に性器について何か言われた経験でも?」


私は無言のまま頷きました


「過去にお付き合いのあった方ですか?」


「いえ…主人が初めてなので…」


「となると産婦人科医ですか?」


再び頷きます


「何と言われたんですか?」


「スゲェ…と」


「それだけですか?」


「はい…」


「スゲェ…か。…奥さん」


「はい…?」


「僕が見てあげましょう」

more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紫

Author:紫
普段は接客業をしており、暇さえあればエッチな妄想をしています
官能小説は書き始めたばかりのヒヨっ子で至らないことだらけですが、宜しくお願い致します。
相互リンクも絶賛募集中です(詐欺サイト等はお断りいたします)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ始めるなら
ランキングに参加してます
応援して頂けると嬉しいです
アンケート
作品向上の為、アンケートにご協力ください
最新記事
カテゴリ
同人コミック販売なら
人気記事ランキング
このブログで人気のあるお話です
ブログランキング
人気の官能小説が読めます
アンケート
手頃なレンタルサーバー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR