【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode65 続・リポーター奈々(5)

2016.10.28.12:36

左足をのせるホールド探しにわざと苦戦してインストラクターの指示を仰ぐと、インストラクターは私の脚をさらに大きく開かせるよう
な位置にあるホールドを指し示しました…

素人の女性にとっては結構難易度の高い位置だと思うのですが、あの位置に左脚をもっていけたら綺麗なM字開脚になりそう…

両手の指先に少し痛みを感じましたが、我慢して左脚を大きく左上に引き上げました

「…もう少し・・・やった!」

左足のつま先を170㎝くらいの高さのホールドにひっかけました

パカァッ…

さすがインストラクターの見立てたホールドだけあって完璧です…高さ約170㎝の付近で私の下半身は見事に大きく脚を開いたM字開脚になりました

「ふぅ…何とかなりました」

「奈々ちゃん、凄いやん!」

2人は次のルートを探す振りをしながら、私の真下に移動してきました

2人はそれぞれ私の股間の左下と右下に別れ、顔を横に傾けるようにして私の生殖器を見上げています

2人の顔と私の性器の距離はわずか30㎝程度…パックリ開いて尿道や膣口まですっかり曝け出してしまった性器を間近で見てもらえて、早くもアソコがジンジンと疼いてきました


キュロットスカートといっても、この水着はかなりフレアーなキュロットです

ショートパンツのように、太腿と裾の間に少し隙間が出来る…といった感じではなく、斜め下から見上げたらフレアーのミニスカートを下から見上げているのと変わらないくらい見えているはずです

しかも今の姿勢はM字に開脚した恥ずかしい格好…


『嬉しい…生放送だっていうのに、こんなに必死になって覗いてくれてる…』


後ろを振り返ると私達の様子をカメラは5mくらい後方から撮影しています


『あぁ…もっと顔を近付けて中までじっくり見て下さい…。テレビを観てる視聴者の皆さんにも2人が私のおまんこを覗き見しているとハッキリわかってもらえるように…』


視聴者の皆さんは、まるで【志〇けんのエッチなコント】を観るように、私の性器を至近距離で見上げる2人の姿を笑いながら観てくれているのでしょうか…


「この先、結構難しそうですね…」

「はい、ここから先は一気に登るのが正解です。このままの体勢で体力を温存しつつ、まず頂上までのルートを考えましょう」


『このままの体勢って…今の格好が一番見易い格好だから、しばらくこのまま見せてくれって事ですよね?わかりました、しっかり奥まで見てくださいね…』



「奈々さん一人でルートを探すのは難しいでしょうから、ブリーフさんも僕と一緒に探してみましょう…」

「ルートを探すコツって、あるんですか?」

「探す時は登っている奈々さんの下から見上げます。丁度…ゴルフでグリーンのラインを読むときに、キャディーさんがプレイヤーの背後から見るのと同じように…」

「なるほど…うわぁ…凄い…これなら、よぉ~く見えますなぁ…」

「そうでしょう…この位置からなら、普段見えないところもバッチリ見えるんです…。うわぁ…本当に凄い…こうなってるんだぁ…」

「穴、ちっさいなぁ…指1本もギリギリちゃうかなぁ…」


下を見下ろすと…股間を大きく膨らませた2人がだらしなく口を開けて、必死に私のアソコを観察している姿が確認できます

私の着ている水着もアソコを露出するのに最適なデザインですが、男性達のランニングパンツ姿も勃起した男性器がハッキリわかる魅力的なデザインだと思いました

それに2人共…私の性器を見ることに夢中で、勃起した股間を隠そうという意識が全く働いていないようです…


私の性器に、2人の吐く荒々しくて暖かい息が吹きかかってきます


「ほれ…ここからだとお豆ちゃんも見えるで…」

「ちょっと濡れてきてませんか…?」

「アカン…俺、もう出てしまいそうや…」


などと2人が囁き合っている声が聞こえてきます…

2人共…ピンマイクが付いているのにあんなにきわどい内容を口にしちゃって大丈夫なのでしょうか…


『カメラが回っているのに、おまんこ見てもらえるなんて…感じちゃうよ…』


人妻がこんな恥ずかしいポーズで、開いた生殖器を初対面の男性に観察してもらう機会なんて普通ではありえません

しかも、覗かれている事に気付かない振りをして、覗き見しやすい環境を作ってるエッチな私…

こんな非現実的なコトって…


卑猥な事をしている自分の姿を視聴者に観られる快感…私のアソコからはエッチな粘液が分泌されはじめています


2分ちょっと休憩した(アソコを観察してもらった)でしょうか

放送時間の都合上これ以上時間を使う訳にもいかないので、私は再び登り始めて頂上にたどり着きました


勿論、上りも下りも2人の視線は常に私の股間に絡みついていました

地面に下りるときにはインストラクターが後ろから抱きかかえてくれたのですが、その時に彼が私の性器を弄ったのです

私は咄嗟に小さく「キャッ」っと声をあげてしまったのですが、視聴者にはアソコを弄られた悲鳴だとは気付かれていないと思います

クリトリスを数秒間転がされ、膣にも指が入ってきたので、インストラクターの彼には濡れていたのがバレてしまったはずです…


そしてボルダリング中継も無事に終わって、晴海さんの中継に切り替わるOKの合図がでました


皆でインストラクターの彼に挨拶をした際…インストラクターの男性は、私に触れたこっそり指を口に含んでいました




関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2016.10.28.13:18

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: すテキーラ!

2016.10.28.16:50

ばんぶう様

ポロリとかそういったアクシデントは無いですけど、実際にあったらエッチな番組ですよね

こういうTV番組があったら視聴率アップも期待できるのではないでしょうか?

〇ジテレビさんは視聴率低迷気味だそうですが、見た目重視で選んだ女子アナさんによるお色気シーンでも連発すれば解決できそうですね^^
プロフィール

紫

Author:紫
普段は接客業をしており、暇さえあればエッチな妄想をしています
官能小説は書き始めたばかりのヒヨっ子で至らないことだらけですが、宜しくお願い致します。
相互リンクも絶賛募集中です(詐欺サイト等はお断りいたします)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキングに参加してます
応援して頂けると嬉しいです
アンケート
作品向上の為、アンケートにご協力ください
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
このブログで人気のあるお話です
オススメ
草食男子君にオススメです
ブログランキング
人気の官能小説が読めます
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR