【ひまわり商店街へようこそ】5軒目・相川衣料品店(4)

2017.01.11.09:02

舌と舌が絡み合い、お互いの唾液と粘膜とが混ざり合う

気付けばお互い、裸になっていた…

私は仰向けになった義弟の顔の上に性器を向けて跨り、熱を持って硬く反り返ったペニスを咥え込んだ


「うぅっ…ね、義姉さん…」


久しぶりのペニス…

サイズとか形なんてどうでもいい

私の身体を求めて硬く勃起しているというだけで愛おしかった

舌先を陰茎に這わせ、ペニスの表面に出来た凹凸の様子をくまなく確かめる

私の膣口同様、義弟の尿道からもひっきりなしにヌルヌルした粘液が溢れていた…

口の中でピクピクと脈打ち、尿の混じった香ばしい匂いを放つ






私は舌先を尖らせ、尿道口をほじくるように刺激する…


「うっ…はうっ!」


お返しとばかりに義弟も、私の膣の中へ舌を差し込んでくる…

私の性器を無我夢中になって舐めまわす義弟

ズルズルと大袈裟なくらい大きな音を立てて、私の身体から分泌される粘液を啜る…

彼もまた私と同じように、兄嫁との肉体関係…という禁断の行為によって、未だ経験したことのない強烈な興奮に酔いしれているのだろうか



「ね、義姉さん…出ちゃうよ…」


「まだ、ダメ…」


私は慌てて口からペニスを出した

折角、勇気を振り絞ってこういう関係になったのだから、口の中で果ててしまうなんて勿体ないじゃない…

私は赤黒く光ったペニスの上に跨った


「ねぇ…入るとこ見てて…」


自分で性器を拡げて、義弟にその内部を見せつけながらペニスの先にあてがった

お互いにどれ程セックスに飢えていたのか…夫との夫婦生活では経験したことのない程興奮し、跡形もなく理性が吹き飛んでいた

その証拠に既にお互いの性器がローションに浸かったようにヌルヌルしていて、吸い込まれるように義弟のペニスが私の性器に飲み込まれていった


「おぉおお…」


「あぁあ…ん…」


夫のモノよりも幾らか小さいかもしれない

それでも、気持ち良さは格別だった

原因は義弟のペニスの形状なのかもしれないし、硬さなのかもしれない…

でも、兄嫁と義弟というAVさながらの非現実的で禁断のシチュエーションは絶大な効果だったと思う


久しぶりに味わうペニスの硬さや温かさ…

膣に密着し、押し広げて入って来る感覚…


その日は結局、居間で2度、浴室で1度…義弟と交わった

日付が変わる頃に帰ってきた義父は酔っていたせいか、幸いにも居間に残る独特の匂いに気付かなかった



私は義弟とのセックスに溺れていった

義弟に特別な愛情があったわけではなかった

勿論、今もそれは変わらない


ただ単純に、私が快楽を強く求め、快楽に溺れてしまっただけ…

罪悪感や背徳感は私を踏みとどまらせるどころか、快感を増長させるスパイスになってしまった


あれ程、淡泊に見えた義弟は隙あらば私の身体に触れ、弄ぶようになった

そして…仕事の合間、義父の寝静まった深夜…チャンスを見つけては交わった



夫が帰ってきたら私達はどうなるのだろう…

たぶん…夫の居ない昼間の時間、夫が目を離した僅かな隙を狙って行為に及んでしまうだろう

それどころか、快感を得る為に、あえてスリリングな行動に及んでしまいそうな気さえする


でも、上手くいきそうな気がする…

夫や義父にバレることなく、快楽を味わう事が出来る…そんな気がするの

だからもう少し・・・

もう少しだけ楽しませてください

義弟がいつかパートナーを見つけ、結婚するその時が来るまで…











5軒目・相川衣料品店 終わり




関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2017.01.11.09:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 義弟さんよござんした!

2017.01.11.13:16

ばんぶう様

実はもう既に義父モノのお話が書きあがっております

たぶん近々公開することになると思いますので、その際には是非読んで下さいね


プロフィール

紫

Author:紫
普段は接客業をしており、暇さえあればエッチな妄想をしています
官能小説は書き始めたばかりのヒヨっ子で至らないことだらけですが、宜しくお願い致します。
相互リンクも絶賛募集中です(詐欺サイト等はお断りいたします)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキングに参加してます
応援して頂けると嬉しいです
アンケート
作品向上の為、アンケートにご協力ください
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
このブログで人気のあるお話です
オススメ
草食男子君にオススメです
ブログランキング
人気の官能小説が読めます
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR