スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode89 羞恥マッサージ(3)

2017.08.04.11:26

三上さんは私の鼠径部に親指を当て、外へ外へと円を描きながらリンパ液を足先へ向かって循環させるようにマッサージし始めました

彼の手の動きに合わせて私の性器がビキニの中で開閉しています…

ニヤニヤと厭らしい笑みを浮かべた三上さんの顔が、まるで性器を覗き込むかのように私の股間に近付いてきました


「奥さんは本当にスベスベでキメの細かいお肌なんですねぇ…。体毛なんかはご自身で処理されてるんですか?」


三上さんは私の手足の体毛の事を言っているのでしょうか…?

それとも…


「私…もともと体毛が薄いんです…」


私の股間を凝視しながら問いかけてきた三上さんに、私の方も曖昧に答えました


「そうですか、とても綺麗ですよ」


恥ずかしくて三上さんから目を逸らす振りをして、さりげなく左側を向きました

視線の先にある棚の奥にビデオカメラのレンズが見えていて、録画中である事を知らせる赤いランプが点灯しています

私が直美さんに渡したカメラのひとつです

あともう一台、私の頭の上から足先に向けて設置されているはずなんですけど、この状態では確認する事は出来ません…


三上さんの指が、ビキニの縁から少しづつ生地の内側に滑り込んでくるようになりました

指先は時々小陰唇やクリトリスを僅かにかすめていきます

もう少しで敏感な部分に触れそうなのに、ギリギリのところで三上さんの指先が進路を変えてしまいます


『触って欲しい…』


もうちょっとなのに焦らされ、私の身体の疼きが少しづつ大きなものへと変わっていきました…


脇腹からお臍へ…

お臍から脇の下へ…

ビキニの下に指を滑り込ませて小さな丘を登り、乳首の周りをゆっくり旋回して鎖骨へ

鎖骨の上下を二往復してから耳の裏側へ


『凄く気持ちい…。こんなに上手なのに何で指名が少ないんだろう…。』


戸惑う事の無い滑らか手の動きは熟練した技術を感じさせます

恥ずかしい所を凝視されたり、際どい所にも指先が触れそうになりましたが、セクハラまがいの施術と騒ぎ立てられる程でもないように思います

いや…でもそれは、こういった事に慣れて耐性ができた私だからそう感じるのかもしれません…

脇の下のリンパを手首へ向かってゆっくりと流していくマッサージが始まりました

私の指に何か温かいものが当たります…位置的に三上さんの股間が当たっているように思えます

私は先日の寝たふりで得た経験を活かし、目を瞑って指先に神経を集中させました

私の人差し指から薬指の3本に擦り付けられる何かは温かくて適度な弾力がありました…やはり三上さんのペニスに違いありません

私は触れている指先を少し動かしてみました


「あふぅっ…」


ペニスの裏側を爪の先でくすぐるような動きになり、三上さんの口からわずかに声が漏れました

この行為が三上さんの高まりつつあった性欲をさらに加速させてしまったようで、マッサージはこの時を境に一層過激なものになっていったんです


「吉岡さんは生理が少し不順になっていたり、生理痛が少し重くなっていたりはしませんか…?」


「え、えぇ…言われてみると、生理痛は若干重くなってるような…」


「そうでしょう。これから女性ホルモンの分泌を改善させるためのマッサージを行いますね。」


「あ、はい…お願いします」


「少し意外な部分にも刺激を与えるのでビックリするかもしれませんが、絶大な効果を期待できますので安心してください」


「は、はい…意外な部分…ですか…」



先程まで散々焦らして触れてこなかった敏感な部分を、今度こそ弄ってくれるに違いない…

ニヤリと厭らしく微笑みながら私を見下ろす三上さんの表情から「これからが本番だぞ…」という強い意気込みを感じ取ることが出来ました



「それでは…リラックス効果を高めるために、まずはこのアイマスクを着用してください」



アイマスクを着用することで果たしてリラックス効果が高まるのだろうか…?と内心では疑問に思いつつも、私は指示に従って差し出されたアイマスクを着用します

私の身体を悪戯する三上さんの表情を見たかったので視界を奪われるのは少し残念なんですけど、視界を奪われる事で得られる快感も大きい…という事を先日学んだので、期待でワクワクしてきました

もっとも、三上さんの表情なら後で録画した動画で確認する事ができますから…


初めのうちはガサゴソと布の擦れる音が聞こえてくるだけでしたが、程なく私の鎖骨にヌルヌルした温かい手が触れました


鎖骨に置かれていた手が滑り降りて紙製の下着の中へ潜り込み、私の乳房を直接マッサージし始めました


「うっ…」


やはり予想通り、先程までは決して触れてこなかった「肝心な部分」への刺激が始まったのです



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2017.08.04.19:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ジワジワきますねー

2017.08.05.08:54

ばんぶう様

なるほど、有意義なアドバイスありがとうございます

気付かないうちにストーリーやシチュエーション作りばかりに目が行き過ぎていたようです
細かい描写にも工夫を凝らして書いてみたいと思います

これからもドシドシ助言を頂けるとありがたいです^^
プロフィール

紫

Author:紫
普段は接客業をしており、暇さえあればエッチな妄想をしています
官能小説は書き始めたばかりのヒヨっ子で至らないことだらけですが、宜しくお願い致します。
相互リンクも絶賛募集中です(詐欺サイト等はお断りいたします)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキングに参加してます
応援して頂けると嬉しいです
アンケート
作品向上の為、アンケートにご協力ください
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
このブログで人気のあるお話です
オススメ
草食男子君にオススメです
ブログランキング
人気の官能小説が読めます
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。