初恋(下)

2019.08.17.13:49

「押さえるの疲れてきちゃった」


そう言って先生は僕の脛の上に跨るようにお尻を乗せ、手を後ろに着いた

パンティー越しのアソコの感触をつま先で楽しめなくなり少しガッカリしたのも束の間、遂にまどか先生が僕の目の前で両膝を立てた

僕は自分の目を疑った…

まどか先生がパンティーを履いていなかったからだ

しかも驚いたことにまどか先生のアソコには毛が一本も生えていなかった


「せ、先生…け、毛…無い…」


「…あ、コレ?毛があると邪魔でよく見えないでしょ?私のココがどういう構造になってるか良く見えるように剃っておいた」


あっけらかんと言う先生とは対照的に僕は言葉が出なかった、まさか先生のおまんこを生で見せてもらえるなんて夢にも思わなかったからだ

ツルツルのワレメは半開きで中から何やらビラビラしたモノがはみ出していた


「どう、よく見えるでしょ?」


「…はい」


「この事は2人だけの秘密だよ?」


「…は、はい…約束します」


僕はいつの間にか腹筋する事を止めていた

先生もまた腹筋させる事を忘れていた

まどか先生は脚を大きく開くと、指を使って自らアソコを左右に開いて中の構造を僕に見せてくれた

僕は腹這いになって先生の股間に顔を近付ける


「ちょっと近すぎて、さすがに恥ずかしいなぁ…旦那にもこんなにジックリ見せた事ないんだからね」


先生は自分のおまんこを教材にして各部位の名称や役割を僕に細かく教えてくれた


「大体わかったかな?今度は岸本君が好きなように弄ったり観察したりしてごらん」


着ていたワンピースを脱いで全裸になったまどか先生は僕に顔を近付けるとニッコリ微笑んだ


「い、良いんですか?」


「だってそうしたかったんでしょ?」


そう言うと、まどか先生は仰向けになって脚を大きく開き、自らの膝裏を抱えるようにしておまんこを天井に向けた

照明がおまんこを照らし、さっきまでよりさらに良く見えるようになった

僕は先生の大陰唇に指先を添え、左右にゆっくり開いていった

クチャッという湿った音を立ててピンク色の粘膜が目の前に現れる


「これが先生のおまんこ…」


「やだ…おまんこなんて厭らしい…」


捲れた包皮から飛び出した艶々して丸いクリトリスを指先でそっと撫でるとポッカリ開いていた膣口がキュッと閉じ、先生の口からは


「あぁん、ソコ…」


という厭らしいこえが漏れた


『先生…気持ちが良いんだ』


僕は夢中になって先生のおまんこを弄った

先生の喘ぐ声や息遣いが荒くなる


「先生…舐めても良いですか?」


「うん、先生のおまんこ…いっぱい舐めて」


僕は自分の欲望のままに、なりふり構わずまどか先生のおまんこを舐めまわした

僕の唾液なのか先生の愛液なのかわからないけど、おまんこはグチョグチョになっている


「岸本君…もっと先生のおまんこにエッチな事してぇ…」


僕は短パンを脱ぐとヌルヌルになったペニスをまどか先生のおまんこに擦り付けた

先生の身体に覆いかぶさり唇を重ねる

舌を絡め合いお互いの唾液を吸い合った


『気持ちイイ…』


小陰唇がペニスを挟み込む感触、粘膜の擦れ合う刺激に耐え切れず、僕は射精した


残念ながら僕のペニスは先生の膣に挿入していなかった

おまんこに擦り付けていただけでイッてしまった

先生は射精した僕のペニスを口に含み、嬉しそうに舐めてくれた


「林間学校が終わったら近藤先生が戻って来るよ」


「…え?」


「そう、明日で君達とはお別れなんだ」


僕はその後、自室に帰され、翌日は何事も無かったように林間学校を終えた








電車のドアが閉まり、ゆっくり動き出した

まどか先生はこれから家族旅行だろうか

あの時、僕がちゃんと先生の膣に挿入できていたら何かが変わっていただろうか…?

勃起した股間に手を添えながら、小さくなっていく先生の姿を見えなくなるまで追っていた






終わり
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2019.08.17.16:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

紫

Author:紫
普段は接客業をしており、暇さえあればエッチな妄想をしています
官能小説は書き始めたばかりのヒヨっ子で至らないことだらけですが、宜しくお願い致します。
相互リンクも絶賛募集中です(詐欺サイト等はお断りいたします)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ始めるなら
ランキングに参加してます
応援して頂けると嬉しいです
アンケート
作品向上の為、アンケートにご協力ください
最新記事
カテゴリ
同人コミック販売なら
人気記事ランキング
このブログで人気のあるお話です
ブログランキング
人気の官能小説が読めます
アンケート
手頃なレンタルサーバー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR