スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode46 1泊2日・盗撮されたい幼妻(1)

2016.09.09.08:14


男性店員さんは四つん這いになって私の太腿の間に潜り込んでいます

目を見開いてポカ~ンとだらしなく口を開き「ショーツの向こうに透けて見える、ちょっと開いた女性器」を真剣に見つめています…

この状態…周りから見たら男性店員が私の股間を覗いているのは一目瞭然です

男性店員さんはすっかり仕事を忘れてしまっているようで「うはぁ…」とため息交じりの声を漏らし、顔を真横に傾けて性器を下から覗くように観察しています…


こんな至近距離で開いた性器を見上げられたら…尿道口や膣口…包皮の奥に隠れた恥ずかしがり屋のクリトリスまで見えちゃうかもしれません…


『や、やだぁ…おじさん…凄くいやらしい目つき…感じちゃう…』

下腹部が徐々に熱くなってきました

「はぁはぁ…」

男性店員さんの荒い息遣いも聞こえてきます


もっとじっくり見てもらいたいのですが、周りの誰かに気付かれそうで落ち着きません…

私は意を決して「あ…そんなにじっくり見つめられたら恥ずかしいです…」と右手でアソコを覆い隠しました

男性店員さんは我に返り「あっ、も、申し訳ありません!…決してそのようなつもりでは…」と慌てふためいています…

少し可愛そうになった私は何故か「い、いえ…大丈夫です…私のほうこそ、こんな格好だったから…」とサンダルを脱ぎ「サンダルはちょっと検討してみます」と言ってからその場を立ち去りました。



お義兄さんの元に戻ると、今度はエスカレーターで後ろの男性に覗かれながら2階に上がり、吹き抜けになっていて1階を見下ろせるテラスのような場所に来ました。

光男さんの「あそこに立ってて」という指示に従って手すりに近付いて下を見ると、下は中庭のようなフードコートになっていました


階下の様子を眺めていると、お義兄さんはフードコートに降りていました

どうやら階下から私のワンピースの中を、男性が覗く様子を動画撮影するつもりのようです

私は下の階から覗きやすいように胸を手すりに押し付けるくらい端に寄り、スマートフォンを見る振りをしました

私の下…つまりスカートの中を覗ける位置にテーブルは無く、トレー、フォーク、スプーン、箸、紙コップなどが並べられたワゴンが設置されていました

お義兄さんも、よくこんな都合良くスカートの中を覗いてもらえそうな場所を見つけたなぁ…と感心してしまいます


嬉しい事に予想通り、下に来る男性はほぼ100%、私を見上げてショーツを覗き見してくれます

特に家族連れのパパさん達は何度もやって来ては覗いてくれるんです…

もしかしたらスマートフォンやデジカメなどを使って盗撮している男性がいたかもしれません

でも…ここ数か月の間に私は何人もの男性にスカートの中や性器の写真を撮影され、今ではすっかりレンズを向けられる事やシャッター音に快感を憶えてしまう身体になってしまいました

これは凄く危険な事なのかもしれません…

特に顔なども写された場合、私の事を知っている人も目にする可能性があるわけですから…

しかし…今回の場合…私の顔が写ってしまっても、しっかり服を着ていますし…シチュエーション的にも露出行為だと思われる危険性が少ないように思います

そんな事を考えているうちに、今の私の姿を誰かが盗撮して、エッチな雑誌やインターネットのエッチなサイトに盗撮した画像を投稿してくれないかなぁ…と思うようになりました。

「私の顔までハッキリ写ってしまっているいやらしい盗撮画像」を…「シースルーのショーツ越しにワレメがバッチリ確認できる画像」を誰かが投稿してくれたら良いのに…。

そして、全国のいやらしい男性が…又は近所や顔見知り、夫の知人等、私の事を知る男性達が…私のいやらしい部分が映った盗撮画像を観ながらオナニーしてくれたとしたら…


私が「わざと露出していると解ってしまうような画像には顔が写ってほしくない」…逆に「私の無防備な姿を盗撮されたように見える画像には顔まで写っていてほしい」…。

そういう明確な定義めいた願望があることに気付いたのです



それにしても…下から覗く男性から私のワレメが見えてしまう代わりに、上から見ると覗いた男性が勃起しているのが一目瞭然です

もうかれこれ50人以上の男性が私の透けたショーツ越しのワレメを覗き見て勃起していたのを確認しました

どの男性も皆、テーブルに着いてからも私の方をチラチラ気にしています…

私のワレメをもっと見たいのなら、もっとじっくり見てくれればイイのに…


『ほらパパさん達…そんなに私の事を見てばかりいると、奥さんに気付かれちゃいますよ…』


『ねぇ…そこの学生さん…あまりにも露骨に見上げていると警備員に見つかっちゃうよ…』


デジタルビデオカメラのバッテリーが切れるまで約30分位、その場で多くの男性達に覗かれ続けました…

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2016.09.09.09:17

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2016.09.09.12:07

れいな様

こういうソフトなものなら露出していると気付かれないから、やりやすいですよね

奈々さんはこういった…うっかり見えちゃってる系の露出がお好きなようです^^
プロフィール

紫

Author:紫
普段は接客業をしており、暇さえあればエッチな妄想をしています
官能小説は書き始めたばかりのヒヨっ子で至らないことだらけですが、宜しくお願い致します。
相互リンクも絶賛募集中です(詐欺サイト等はお断りいたします)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキングに参加してます
応援して頂けると嬉しいです
アンケート
作品向上の為、アンケートにご協力ください
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
このブログで人気のあるお話です
オススメ
草食男子君にオススメです
ブログランキング
人気の官能小説が読めます
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。