スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パパと息子の会話」

2016.09.15.08:56

『この作品は親子の会話のみで構成されています。状況を説明するような表現が御座いませんので、理解しづらい部分もあるかと思いますが、予めご了承ください』




「パパ~…」

「なんだタク…もう目が覚めちゃったのかい?」


「うん…。あれ…ママは…?」

「タクの幼稚園の後援会役員の集まりがあるって出掛けたよ」

「ふ~ん」


「ママは若いからさ、たくさんお仕事を任されちゃうんだよ」

「ママは可愛いから人気者だしね」

「おっ、タク~良い事言ったね~。きっとママ喜ぶよ~」

「えへへ。皆が、タクちゃんのママはトリン○ル玲奈に似てて可愛いねって言うんだよ」

「うんうん、似てるよね」

「僕の自慢のママなんだ」

「うんうん、自慢のママだよな」


「あれ…タク、汗びっしょりじゃないか…」

「うん、だって暑いんだもん」

「ちょっとシャワー浴びようか」

「うん」


「タク、偉いなぁ…赤ちゃんの時はあんなにお風呂嫌いだったのに…」

「夏は暑いでしょ?だからいつもお友達とお風呂で遊んでるの」


「へぇ…誰のおウチのお風呂に入ったの?」

「えっとね…いつもは僕んちなんだけど…小太郎くんのおウチと…ケンちゃんのおウチではお風呂入ったよ」


「へぇ~、だれのおウチのお風呂が一番楽しかったの?」


「う~ん…、ケンちゃんのおウチのお風呂が大きくて楽しかった」

「そっか~、ケンちゃんのおウチのお風呂では何して遊んだの?」


「えっとね~…」

「船のオモチャで遊んだ」

「うんうん、それから?」

「亀のオモチャで遊んだよ」

「あとは?」


「ママのおっぱい引っ張った~」

「あはは…ママは水着着てなかったの?」

「お風呂なんだから裸だよ」

「そ、そうだよね…ケンちゃんも一緒に入ったの?」

「うん」

「あらら…ケンちゃんも見てるのに、ママのおっぱい引っ張ったらママが恥ずかしいじゃないか~」

「うん、でもケンちゃんのパパのおちんちんも引っ張たから…おあいこだよ」




「…え?」




「け…ケンちゃんのママのおっぱい引っ張ったんでしょ?」

「違うよ…ケンちゃんのパパのおちんちんだよ」




「…え?」




「ケンちゃんのパパのおちんちん、こ~んなに大きくてカッチカチなんだよ!」


「け、ケンちゃんのママはいなかったの…?」

「うん、ケンちゃんのママはカンゴシさんだからいつもいないよ。」



「ね、ねぇ…ほ、他に…どんなことしたの…?」

「えっとね~、怪獣のオモチャで遊んだよ」


「そ、そっか…ママとケンちゃんのパパは…?」

「えっとね~、ケンちゃんのパパがママの体をペロペロしてた」




「…え?」




「なんでペロペロしてるの?って聞いたら、ママのオマタから甘い水飴がいっぱい出てくるんだってケンちゃんのパパが言ってたよ」

「み、水飴…?」



「…あ…あ…あとは…?」

「ママとケンちゃんのパパは電車ゴッコしてたよ。ママが前だから運転手でケンちゃんのパパが後ろだから車掌さん。」

「ママが前でケンちゃんのパパが後ろだったの…?」

「うん、連結しま~すって言って、本物の電車みたいに連結したよ!」



「…あ、あのさ…タク…他のお友達とお風呂に入った時も、やっぱりお友達のママじゃなくてパパが一緒に入ったの…?」

「うん、いつもパパだよ。皆、ママとお風呂入るとおちんちんがカチカチに大きくなるんだよ~」


「…そ、そうだろうね…。」


「ママは可愛いから大人気なんだ!お友達のパパはみんな、ママのお写真をたくさん撮ったり、電車ゴッコしたりぃ、プロレスゴッコしたりぃ、お医者さんゴッコしてるよ」



「そうだタク…ママのオマタ…毛が無くなったでしょ?あ、あれは…?」

「あ、あれはリュウくんのパパが床屋さんだから、タダでママのおヒゲをジョリジョリしてくれるんだよ。」

「なんでおヒゲをジョリジョリしちゃうの?って聞いたら、皆のパパが喜ぶんだって言ってたよ」



「そ、そうなんだ…」



「赤ちゃんみたいで可愛いねって、みんな喜んでママのオマタの写真をいっぱい撮ってたよ」



「そ、そう…」





「あっ!パパ…すご~い!パパのおちんちんもケンちゃんのパパといっしょだ~!!」








終わり



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2016.09.15.09:21

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2016.09.15.11:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2016.09.15.11:42

れいな様

はい、大した力にはならないかもしれませんけど、いつでも遠慮なくご相談くださいね^^

このお話は、会話だけなので試しに書いてみた話だったんですけど、書いているうちにハマっちゃって…

私的には結構お気に入りなんです
だから、実は出し惜しみしてました^^

Re: これは股、想像しちゃいます。

2016.09.15.11:48

ばんぶう様

今日もギャグが冴え渡っていますね^^

子供は正直なので注意しましょう…っていう警告めいたお話です
最近はイクメンに見える男性も多いですけど、本心は他のママと近付きたくて子供の行事に参加してるパパって多いんですよ~

管理人のみ閲覧できます

2016.09.16.17:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

2016.09.16.18:46

マッピー様

実は、このお話、結構気に入っているんです

時々、こういうのを書くかもしれませんが、大目に見てください^^
プロフィール

紫

Author:紫
普段は接客業をしており、暇さえあればエッチな妄想をしています
官能小説は書き始めたばかりのヒヨっ子で至らないことだらけですが、宜しくお願い致します。
相互リンクも絶賛募集中です(詐欺サイト等はお断りいたします)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキングに参加してます
応援して頂けると嬉しいです
アンケート
作品向上の為、アンケートにご協力ください
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
このブログで人気のあるお話です
オススメ
草食男子君にオススメです
ブログランキング
人気の官能小説が読めます
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。