【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode93 羞恥マッサージ(7)

2017.11.29.11:51



「はっ…あぁあああ…っ!はぁはぁ…あぁん…そ、そこっ…!!」


待ちわびていたクリトリスへの愛撫は想像を絶する快感でした

焦らされていたから効果が倍増したのかもしれません

喘ぎ声が漏れてしまうのを必死に堪える事に夢中で、呼吸をする事すら忘れてしまう程でした

淫らに性器を突き出すように浮かせ、腰をくねらせ悶絶している…

自分にこんな一面があったなんて…


「はぁはぁ…あっ…あんっ…はぁはぁ…」


「奥さん…クリトリスがこんなに勃起して…ではそろそろ…」


more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode92 羞恥マッサージ(6)

2017.11.06.15:08



私は何が何だか分かりませんでした


「はぁはぁ…はぁはぁ…」


浮いていた腰がベッドに沈み込み、胸で大きく呼吸します

自分でも顔が火照って真っ赤になっているのだろう…と想像がつきました


お尻の下に敷かれたタオルがが信じられないくらいビチョビチョに濡れているのがハッキリと分かります


『もう少しだったのにどうして…』


ガサゴソと布の擦れる音が聞こえました


「奥さん、もう少しでしたね…ウヒヒ…」


more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode91 羞恥マッサージ(5)

2017.10.02.09:05


「適切な場所を刺激する必要があるので、奥さんのココをちょっと調べさせてもらいますよ…ウヒヒ」


嬉しそうにそう言うと、三上さんは私の性器を指で開いてアチコチ弄り始めました


「うわぁ…中はこうなっていたんですねぇ…」


「い、いや…そんな拡げられたら…」


「す、素晴らしい…色素沈着もほとんど無く、ビラビラも小さすぎず大きすぎずキレイな桃色をしている…。こんなキレイな女性器を見るのは初めてです…」


「いやぁん…まだ夫にも見せた事ないのに…」


私が頻繁に口にしてしまう台詞ですが、決して嘘ではありませんし、聞いた男性は大抵喜んでくれます…それは三上さんも例外ではありませんでした


more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode90 羞恥マッサージ(4)

2017.08.30.12:16

乳首が起ってしまっていることは自分でもハッキリとわかります…

三上さんの指先はまるで産まれたての小動物の赤ちゃんの身体でも撫でているかのように、優しく優しく触れてくれました

その動作は途切れる事がなく、オイルで覆われ滑りが良くなった乳首をコロコロと転がしたり摘まんだりしています

もうこれは胸周辺へのマッサージではなく、完全に乳首とその周辺への愛撫に他なりませんでした

胸を覆っていた紙でできた下着がさり気なく上にずらされて、小さくて恥ずかしい胸が露わになってしまいました

露わになった乳首を摘まんだ指がまるでオーディオ機器のボリュームを調整するかのように乳首の側面をクルクルと滑りながら回ります


「うぅっ…」


無意識のうちに私は身体を捩じらせ、見悶えてしまっていました


more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode89 羞恥マッサージ(3)

2017.08.04.11:26

三上さんは私の鼠径部に親指を当て、外へ外へと円を描きながらリンパ液を足先へ向かって循環させるようにマッサージし始めました

彼の手の動きに合わせて私の性器がビキニの中で開閉しています…

ニヤニヤと厭らしい笑みを浮かべた三上さんの顔が、まるで性器を覗き込むかのように私の股間に近付いてきました


「奥さんは本当にスベスベでキメの細かいお肌なんですねぇ…。体毛なんかはご自身で処理されてるんですか?」


三上さんは私の手足の体毛の事を言っているのでしょうか…?

それとも…


「私…もともと体毛が薄いんです…」


私の股間を凝視しながら問いかけてきた三上さんに、私の方も曖昧に答えました


「そうですか、とても綺麗ですよ」

more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode88 羞恥マッサージ(2)

2017.07.26.12:23

先週の金曜日、私は三上さんの奥さんに電話で「相談があるから会いたい」と言われて、息子を幼稚園に預けている間に近所の喫茶店で待ち合せました


実はこの時、以前に彼女の息子さん・徹君に対して行った性教育が露呈してしまったのではないか…?と内心では怯えていたんです


息子さんが撮影した画像には私の顔は写っていませんでしたし、証拠になるようなものは無いはず…

でも、あの時に何か見落としがあったのかもしれません…もしあの時の性的な個人授業について問い詰められたら何て弁解しよう…

あれこれ考えながら彼女が口を開くその瞬間をビクビクしながら待っていたんです


しかし、私の不安をよそに彼女の口から出た言葉は意外な内容でした

more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

【幼妻 奈々のエッチな冒険】episode87 羞恥マッサージ(1)

2017.07.12.16:35

「あ、あの…す、透けたりしてませんか…?」


「大丈夫ですよ、安心してください。」



私をニヤついた厭らしい笑顔で見下ろす三上さんは、ベッドに仰向けになった私の身体に特製だというアロマオイルを満遍なく塗り込んでいます

そんな私が身に着けているのは、心許ない紙製の下着だけ…


ボトルから直接身体に垂らされていくオイルは蜂蜜のように適度なとろみがあって、無色透明です

人肌程度に温められているのでしょうか…肌に液体が落ちる感触は心地よく、ほんのりとシアバターのような香りが部屋中に充満してきました


more...

ブログランキングに参加しました!皆様に応援していただけると嬉しいな~ブログランキング・にほんブログ村へ
アダルトブログランキングへ
小説(官能小説) ブログランキングへ

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紫

Author:紫
普段は接客業をしており、暇さえあればエッチな妄想をしています
官能小説は書き始めたばかりのヒヨっ子で至らないことだらけですが、宜しくお願い致します。
相互リンクも絶賛募集中です(詐欺サイト等はお断りいたします)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキングに参加してます
応援して頂けると嬉しいです
アンケート
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
このブログで人気のあるお話です
オススメ
草食男子君にオススメです
ブログランキング
人気の官能小説が読めます
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR